代々木上原でマッサージ・鍼灸・整体治療を行う鍼灸整骨院トピアです

トピア鍼灸・整骨院 TOPIA東京都渋谷区上原3-4-1-101

HOME > マッサージの方針 PCページはこちらです

筋膜リリースの特集ページへ

当院おすすめ グラストン治療当院おすすめ グラストン治療グラストン治療とはグラストン治療とは世界を虜にした常圧抜重マッサージ世界を虜にした常圧抜重マッサージ
代々木上原のトピア整骨院紹介代々木上原のトピア整骨院紹介トピア院内の写真紹介トピア院内の写真紹介トピア日記トピア日記
マッサージの用語集マッサージの用語集初めての方へ特別料金初めての方へ特別料金お申し込み 問い合わせお申し込み 問い合わせ
産後の骨盤矯正特別コース筋膜リリース治療トップページへ戻る

■自分で出来るマッサージ■
①朝10分の快便マッサージ

■梅雨の健康管理■
②雑菌やカビ対策に気配りを

■簡単日常ストレッチ■
④3分で出来る簡単環境の紹介

■強い息切れを感じたら■
⑥危ない不整脈の兆候

■湿度の高い季節、食中毒の用心を■
洗浄と殺菌を心掛けましょう

■残暑と日光浴の効能■
太陽光はいいこともたくさんです

■冬のドライアイには気をつけましょう■
涙も血液から作られます

ホームへ戻る

高橋利宏の考えるマッサージ
代々木上原からマッサージを語りたい

トピア鍼灸整骨院の院長、高橋です。
開院してからお陰様で5年間を迎え、
先行きの不安よりも、治療の未来を考えられるようになりました。
そこで少し、人の体を良くする仕事しての本音をお伝えしたいと思います。
まずマッサージに関してです。
正確に言えば「マッサージ」という言葉の意味です。
たぶん世の中では、体を押しほぐすことをマッサージというのだと思います。少しだけ、細かく分かりやすく説明させてください。
実は日本において、マッサージは複雑な意味を持つ言葉になっています。
というのは、国の決めている規定なのです。
柔道整復師・鍼灸師・あんまマッサージ指圧師といいう国家資格を持つ治療師は
勝手にマッサージという言葉は勝手に使ってはいけないのです。
ですが、
国家資格を持たない、治療でないマッサージの場合、制約なくマッサージという言葉を使用することが出来ます。
つまり「3年以上の勉強をして、国家資格を取得して開業する場合、
マッサージという言葉が使えない」
のだけど、
「国家資格でないバリやタイ式マッサージのお店を開業する場合、
マッサージという言葉は自由に使える」
という事です。
この二重基準ともいえる社会認識が、マッサージがいったい何なのかをよく分からなくしています。
本当にマッサージで体を良くしたい人は、理解していただきたいのです。
国家資格を持っていると言うことは、保険が適用される範囲があると言うことです。
保険は厚生労働省の管轄になります。
そして厚生労働省の保険を適用するマッサージは、国家資格を持つ治療家が保険を使って治療できるのです。
国のお金を使って治療して良い代わりに、厚生労働省管轄の「マッサージ」は言葉も含めて厳密に管理されています。
そして、厚生労働省が管轄していない…保険を使わない「マッサージ」は、民間が自由に行う事業なのでどういう風に事業をしようが国の関知する事ではないのです。
ただし事業であり、治療や医療ではないので、「治療」や「医療」という言葉の併用を禁止しています。
お分かりですか?
やたら分かりにくいんですよ。







体験はこちらからお願いします

高橋院長の激熱治療論!

マッサージの国家資格とはマッサージの国家資格とは

医学的なマッサージの話医学的なマッサージの話

効果の高いマッサージとは効果の高いマッサージとは